高野史緒の架空の王国   takanositemail(at)mbr.nifty.com 
     




























 
2018年1月23日
中公文庫『私のもったいない語辞典』(1月23日刊)に、読売新聞から転載した小文が収録されております。



(Amazonより転載)「銀幕」「ペーペー」「Gジャン」「アンドロイド」「達者で」――など「あまり聞くことのなくなってきた“もったいない”言葉」を、自身の体験談とともに厳選。
作家・文学者・俳人など言葉のプロ150人が選んだ言葉に込められた想いに、共感するもよし、新たな発見を見出すもよし。どこから読んでも楽しいエッセイ集。

<“もったいない語”の例>「朝ぼらけ」……横文字にはない感覚(逢坂剛)「恐れ入ります」……礼を失しない交渉術(岸本葉子)「光栄です」…… 謙虚な姿勢を表現(佐藤智恵)「シャレ」……=「親父ギャグ」にあらず(南伸坊)「せどり」……知識と経験で転売 今は昔(北原尚彦)「底力」……爆発させれば夢は叶う(市川染五郎)「到来」……はるか遠くの美味しさ(小川洋子)「鳴かぬなら…」……嘘もおもしろい(阿刀田高)「ハンサム」……立ち居振る舞いも問われた(プチ鹿島)「一っ走り」……自然で粋で頼もしい(福原義春)「フィルム」……栄華極めた絶滅危惧種(手塚眞)「まあ大変」……大事装った趣深い造語(泉麻人)「万年筆」……書き癖に染めて楽しく(高野史緒)「民芸」……「嬉々」が包み込む風景(ねじめ正一)「利休鼠」……感性豊か 和の色名(里中満智子)


2017年8月9~13日
フィンランド、ヘルシンキで行われたWorldcom75に日本SF作家クラブの一員として参加してまいりました。


作家クラブ有志で作った冊子(sponsord by シミルボン)の私のページは画像をクリック


冊子全体のpdfはこちら。(私のものではないdropboxのページに飛びます)


2017年5月12日
日本SF作家クラブのサイトに、第37回日本SF大賞の選評と、白井弓子、樋口真嗣、尾上克郎各氏の「受賞のことば」が掲載されました!

選評
http://sfwj.jp/awards/Nihon-SF-Taisho-Award/37/20170507033854.html

受賞のことば
http://sfwj.jp/awards/Nihon-SF-Taisho-Award/37/20170507014801.html

改めまして、受賞者の皆様、おめでとうございます!。

2017年5月10日

『人工知能の見る夢は ―AIショートショート集―』(文春文庫)発売になりました。「人工知能と創作」の章に拙作「舟歌」収録。ブログの当該記事

2017年4月

4月21日、第37回日本SF大賞贈賞式にて、講評を述べます。ニコ動にて生中継されます。

2017年3月23日

「小説現代」4月号に短編「ハンノキのある島で」が掲載されました。SF……まではいかないけどディストピアifものにして私小説です。

2017年2月9日
早川書房の『SFが読みたい! 2017年版』の「2017年のわたし」に小文を書きました。

2017年2月6日
「小説現代」4月号(3月22日発売)に、短編「ハンノキのある島で」が掲載されます。

2017年2月3日
五月に文芸春秋から出る人工知能ショートショート・アンソロジーに私の「舟歌」が収録されます。過去数年にわたって、人工知能学会誌に毎号二編ずつ連載されてきたSf作家クラブの作家たちの人工知能テーマ・ショートショートの約半分をまとめたアンソロジーです。筑波大の大澤博隆先生の人工知能研究者の立場からの解説つき。

2017年1月24日
著作のページに青山円形劇場脚本コンクールの件を付加しました。私にとってはけっこうハズカシイ過去なんですが(演劇人でもないくせにいい気になりやがって的な)、最近、世界でも類まれな存在であった青山円形劇場閉鎖を惜しみ復活を願うお話を伺って、同劇場のことをできるだけネットに残しておきたいと思ったからです。

2017年1月20日
更新を怠ったままサービス内容変更に伴って消滅状態だったサイトを再建しました。まだ不備は多々あるかと思いますが、問題があればご指摘いただけるとありがたいです。まあ当面、お知らせとプロフィールと書誌だけのミニマムなサイトですけどね。今後ともどうかよろしくお願いいたします。


2016年12月
第37回日本SF大賞選考委員を拝命いたしました。候補作についてはこちらをご覧ください。



























































      高野史緒 お知らせ 新刊 再録 イベント